同人活動の思い出/宅配便で書店へ送った同人誌が破損した思い出

イベント会場へ本を送ったり、書店へ本を納品したりする際、お世話になるのが宅配便です。
私も昔は、宅配便の伝票をたくさんストックして、いつでも荷物を送れるようにしていましたが、今はまったく使う機会がありません。

無事に配達されればいいけど、たまにはトラブルもあります。
私が現役だった頃も、知人の新刊がなぜかクール便で配達されてきて売り物にならなかったり、雨で濡れていて売り物にならなかったりという話がありました。

私自身も、一度だけ本を破損させられたことがあります。
当時はとらのあなに書店委託をしていて、新刊をヤマト運輸で送ってから数日経った頃、とらのあなから「荷物が配送中に破損して、中の本が5冊潰れていました」と連絡があったのです。

その時は、5冊差し引いた部数をとらのあなに納品し、5冊分の売り値をヤマト運輸から支払ってもらいました。2010年の話なので、今はまた対応が違うかもしれません。

今回の記事を書くにあたって「ヤマト運輸 荷物 破損」などのキーワードで検索してみたのですが、あんまりいい話が出てこなくて困りました(・∀・)

私の時はものすごくスムーズな対応だったけど、企業(書店)が絡んでいたから、対応が良かったのかもしれません。私からの賠償請求というよりは、とらのあなからヤマト運輸へ、私と連絡を取るよう言ってくれたという形だったので。

ただ、今でもひとつだけ気になっているのは、本の代金を支払ってもらった代わりに、破損した本の現物はヤマト運輸に引き取られたということです。
普通の物ならかまいませんが、これが同人誌となるとぶっちゃけ恥ずかしいですね。
とりあえずエロ本じゃなくて良かった!でも女体化パラレル物でした!

同人誌の場合、こういう時に苦情を言いたくても、中身が何なのかを業者に伝えなければならないと考えると、泣き寝入りする人もいるのではないでしょうか。
私も、書店委託絡みじゃなければ黙ってたと思います。

案外、宅配業者さんのほうは、もっと未知なる物を配達している場合もあるので、同人誌くらいどうってことないかもしれませんけどね。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする