同人活動の思い出/ジャンル移動時の心苦しさ

みなさんはジャンル移動をすることになった時、どんな感じで移動しますか?

私は、新しいジャンルにハマったことは正直に報告しつつ、前のジャンルの人達もなるべく不快にさせないように、かなり慎重にフェードアウトしていました。

他の人の中には、そんな回りくどいことはせずに突然新天地へ飛び立つ人もいましたし「新ジャンル楽しい~前ジャンルはもう飽きたわ」などと余計なことを言って炎上する人もいました。

作り手同士の交流が無ければわりと気楽に移動できますが、それでも、ずっと自分の作品を読んでくれていた読者さん達からは「もうやめてしまうんですね寂しいです」とか「あなたの漫画好きだったのにショックです」くらいのことは言われます。

そうは言っても、人の心は多かれ少なかれ移り変わるものですし、この世には二次創作したくなるような萌える作品がどんどん新しく生まれてきます。別れを惜しみつつも、永遠に同じ場所にはいられないのも事実です。すべてを受け止めて新しいジャンルへと旅立つのです。

もちろん、誰がいつ何を好きになろうと、どんなやり方で移動しようと自由です。

ですが、それまで自分と同じ作品が好きで、描く二次創作も面白かった人が「新しいジャンルにハマったのでもう前のジャンルは描きません」と言って去った時、心の底から何とも思わずにいられるほど人の心は強くありません。

二次創作をするほどハマっているということは、そのジャンルを自分なりに「信仰」しているということです。そうでなければ、漫画や小説をかくなんて面倒な作業には耐えられません。

かつては、相手も自分と同じくらいそのジャンルに熱を上げていたのです。
でも相手のほうが先に冷めて、もう新しいジャンルの話しかしなくなったのです。
控えめに言って「裏切り者は●ね!」くらいは思うでしょう。

私はそこまで想像した上で、できるだけ前のジャンルの人達を怒らせないようにと考えながら移動していました。当然、ジャンルが変われば離れていく人が多かったけど、複数ジャンルに渡って追いかけてきてくれた人もいましたし、この辺は幸せな同人生活だったと思います。

ただし今回話した「ジャンル移動」というのは「描きたいものをすべて描き切ったので移動する」という、一般的かつ幸せな理由による移動のことを言っています。

それとは違って、ジャンル内の人間関係とか、活動を続けられないほど壮絶な失敗をしたとか、そういう理由で去らざるを得ない時もあります。
その場合は気遣いもクソもあったもんじゃないですね。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする