同人活動の思い出/行方不明の紙原稿たち

みなさんは、アンソロや合同誌のゲスト原稿を頼まれて描いたものの、本が発行されないまま主催者が逃亡したという経験はありますか?私は何回かあります。同人活動をしていたら必ず1度は遭遇する定番のハプニングだと思っているのですが、実際はどうなのでしょうか?

複数人で作るアンソロや合同誌は、もし誰かのせいで発行中止になれば、参加者全員に迷惑がかかります。一部の参加者だけの問題なら発行自体が中止になることはなかなかありませんが、もし肝心の主催者が途中で面倒になってしまったり、ジャンルに飽きたり、印刷代などのお金が用意できなかったりして、そのまま逃亡したらどうなるでしょう?

人並みの責任感を持っている人なら「そんなことあるの!?」と驚くかもしれませんが、仕事ではない趣味の活動ですし、主催者が必ずしもマトモな人とは限りません。ジャンル内で目立ちたくて主催したけれど、思っていたより大変で途中で放り出すケースなんていくらでもあります。

昔はすべてアナログ原稿だったので、主催者に原稿を渡してそのまま持ち逃げされ、コピーも取っていなかった場合、その原稿は闇に葬られるしかありません。私も頑張って描いたアナログ原稿が何度か行方不明になりましたが、逃亡した主催者に対しては仕方がないと諦めて終わりました。

同人の交流は、かなり仲良くしていても相手の本名は知らないなんてこともよくありますし、どんなに連絡を取り合っていても本当の個人情報は案外明かしていないことが多いです。
だから、いざとなれば逃げるのは簡単です。とくに主催だけして絵を描いていない人や、ありふれた画風の人なら、名前を変えて別ジャンルに行けばもう分かりません。

逃げられた側も、精神的な被害は大きいけど金銭的な被害はほぼ無いので、そこまで無理をして追いかけようとする人はほとんどいません。私も、原稿を出したのに本が発行されず、主催者から連絡が来ないと気付いた時点で「ああ、そうか」と静かに納得していました。

アンソロや合同誌に限らず、企画の主催者というのはどう考えても絶対に大変なので、私自身はやったことがありません。だから、ジャンルを盛り上げたいという純粋な気持ちで主催をしている人のことは、当時からとても尊敬しています(やり遂げた人限定)

ただ、いくら立派な主催者さんの企画でも、そこは愛憎うずまく二次創作の世界です。
納得できないことがあれば、原稿を出す前に「こんな本に参加してられるか!」と辞退したり、気に入らない参加者を追い出したり、逆に叩き出された思い出もあります。

私は同人オタクの中でもいわゆる戦闘民族でしたので、無責任な主催者を叩く前に、私自身が参加者としてわりと迷惑な部類だったかもしれません。
本当に楽しく参加できたアンソロや合同誌もありましたが、黒歴史もそれなりにあります。

ですが、その黒歴史を将来ブログに書くことになるとは、昔の私は予想もしていませんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする