同人活動の思い出/ペンネームとかハンドルネームとか

同人活動をする時は、オフラインでもオンラインでも、本名とは違うペンネームやハンドルネームを使う人がほとんどです。特に二次創作やエロを描く場合は、本名を使う人はめったにいません。

でも、私は一時期だけ本名(フルネーム)で同人活動をしていたことがあります。
当時は、ペンネームを使っていても、同人誌の奥付には本名と住所を書いていた時代だったので、個人的にはどうということは無いと思っていました。

大手サークルさんは私書箱や局留めを使って、本人の住所はバラさないところもありましたが、私は大手ではなかったので、思いっきり自宅住所を書いてました。でも、それでトラブルになったことはありませんでした。今思えばけっこう運が良かったのかもしれません。

もう少し時代が進んで、個人情報の取り扱いに対する意識が変わってきた時に、私も本名を使うのをやめました。でも、自分にあまり凝った名前をつける気は無かったので、正直考えるのめんどくせーなと思ってました。

その頃はちょうど「遙かなる時空の中で」の二次創作サイトをオープンして、なんとなくテキトーにつけた「ノコ」というハンドルネームを使ってました。

でも、数年後に「サクラ大戦V」にジャンル移動しようとした時、ヒロインキャラのリカの非常食のフェレットが「ノコ」という名前だと判明しました。
非常食という設定は本当なので、興味がある方は調べてみてください。

二次創作の場合、元ネタの作品の登場人物(フェレットだけど)の名前と自分のハンドルネームが被るのは、あまり良くありません。
ややこしいし、キャラになりきっているようにも見えて痛々しいからです。

そんなわけで、ジャンル移動にあたって名前を変えることにしました。
「サクラ大戦V」での私のハンドルネームは「サヤカ」でした。
登場人物とも被ってないし、書きやすくて呼びやすい名前を考えたつもりです。

次のジャンルの「戦国BASARA」でもこの名前を使い続けていました。でも「戦国BASARA3」が発売された時、新キャラの雑賀孫市の本名が「サヤカ」だったので、どうしようかなーと思いながら苦しまぎれに漢字表記の「沙香」を考え出したところで、アニメ「Fate/Zero」が始まって殺人鬼に恋をして、次のジャンル移動の時期がやって来ました。

殺人鬼も興味がある方は調べて…いや、グロが苦手な方は調べないでください。

「沙香(サヤカ)」という名前は「Fate/Zero」から次のジャンルの「弱虫ペダル」にかけてずっと使っていましたが、そこまでで私の同人人生は終了しました。
そしてこのブログを始める時、同人をやめたのだから同人で使っていたハンドルネームを使うのは違うと考え、新しいことを始めようという覚悟で本名にしました。

「ヒロコ」は本名ですが、日本全国に「ヒロコ」さんは何人いるかと考えてみたら、私は大量のヒロコの中の1人に過ぎません。そういう意味で番号を付けて「ヒロコ1号」です。

キラキラネームが珍しくない今の時代では、本当に「世界にひとつだけの名前」を持っている人もいるでしょう。でも私たちの時代って女子はだいたい「〇〇子」で、子供の頃はそれを不満に思っていましたが、今はこの匿名性が気に入ってます。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする