同人活動の思い出/自作ぬいぐるみ

同人者の中には、自分の推しキャラのぬいぐるみを作ってしまう人もいます。
前回の記事で紹介したカスタムドールより手軽と言えば手軽なのかな?と思ったけど、一から全部作るとなると、かかる手間は同等のような気がします。

同人者の中には、自分の推しキャラの人形を作ってしまう人もいます。 スーパードルフィーみたいな高価な物はなかなか見かけませんが、もっと普通の値段の素体を買ってきてカスタムドールを作るのなら、わりと気軽...

一から全部作る人もいれば、既製品をアレンジする人もいます。
今はプライズ(ゲームセンター景品)などでも、充分クオリティの高いフィギュアやぬいぐるみがありますが、昔は今ほどグッズが充実していなかったし、あっても微妙な出来でネタにされるしかない場合が多かったです。その一例として、以下のような伝説もあります。

同人用語の基礎知識 邪神モッコス

今のグッズは普通に出来が良いので「立体化」「ぬいぐるみ」という言葉にも悪いイメージは無くなったように感じます。昔はこれらの言葉には恐怖しかありませんでした。

それはそうと、私自身は1998年頃に、KOFの草薙京のぬいぐるみを自作しました。
一から全部自作です。当時持っていた人形作りの本を参考にして顔と身体を作って、それに服を着せました。現物が残っているので撮影します(・∀・)

草薙京にしては表情が柔らかすぎるのですが、これも公式のキャラクターではなく「私の絵柄で描いたキャラクター」の二次創作ぬいぐるみなので致し方ありません。
後ろ姿はこんな感じです。フェルトで作った日輪の模様をボンドで貼り付けてあります。

他のキャラも作りたかったけど、造形的に一番簡単な京サマしか作れなかったのです。私の不器用さではこれが限界でした。ところで、私がKOFをやってたのはネスツ編までなのですが、今でも「京サマ」「いおりん」という呼び方は健在なのでしょうか?

時代が進むと、邪神像ではない素敵な立体グッズが出るようになったので、私はもう自分では作らなくなりましたが、美しい立体物を作っている職人さんは本当に尊敬します。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする