同人活動の思い出/感想ほしい派?いらない派?

同人作品を発表している人の中には「感想ください」アピールをしている人と「感想不要です」とクールに振舞っている人と、特にどっちでもない人がいます。

感想は欲しい人のほうが多数派だと思いますが、中には、以前に嬉しくない感想をもらってしまってトラウマになっているとか、自分の世界に没頭しているので他人の意見はいらないとか、単純に返事がめんどくさいとかいう理由で、本当に感想はいらないという人もいます。

私自身はどうだったかなと思い返してみると、特にどっちでもない派でした。

ただ「自分が好きで描いてるので、人の反応は関係ない」という態度を取っていても、それでもし本当に反応が無かったら、23年も同人を続けられなかったかもしれないと、今はそんな風にも考えられます。感想のために描いていたのではないけど、感想をもらえれば感謝はしていました。

それでも、感想に添えられたリクエストより自分が描きたいものを優先させていたので、感想に依存はしていなかったと思います。個人的に、そこを曲げると同人は楽しくなくなると考えています。

感想は基本的に多くの人にとって嬉しいものですが、知り合いとか、同じジャンルの描き手からの感想は、社交辞令の可能性があるので正直微妙です。

特に、描き手同士の感想のやり取りは「あなたの作品を褒めたので、次は私の作品を褒め返してほしい」という取引でしかないかもしれません。
それでもいいから褒め言葉が欲しいというのなら、それもアリですが。

これに「違う」と言い返せる人は、女性向同人をやってる人の中で、一体どれくらいいるのでしょうか?男性向同人のほうは、そういう裏表は無さそうというイメージを勝手に持っているのですが、実際はどうなのでしょうか?

やはり感想なら「知り合いでも何でもない人が心から楽しんでくれて、わざわざメールを書いて伝えようとしてくれた感想」こそが至高です。私を褒めても何のメリットも無いはずの見知らぬ人が、ていねいに書いてくれた感想メールは、今でも宝物です。

私はもう同人の交流なんてこりごりですが、この無償で送られた嬉しい感想だけは、良い思い出として残そうと思います。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする