同人活動の思い出/感想ほしい派?いらない派?

同人作品を発表している人の中には「感想ください」アピールをしている人と「感想不要です」とクールに振舞っている人と、特にどっちでもない人がいます。

感想は欲しい人のほうが多数派だと思いますが、中には、以前に嬉しくない感想をもらってしまってトラウマになっているとか、自分の世界に没頭しているので他人の意見はいらないとか、単純に返事がめんどくさいとかいう理由で、本当に感想はいらないという人もいます。

私自身はどうだったかなと思い返してみると、特にどっちでもない派でした。

ただ「自分が好きで描いているので人の反応は関係ない」という態度を取ってはいても、もし本当に反応が無かったとしたら23年間も同人を続けられただろうかと、今はそんな風にも思います。
感想のために描いていたのではありませんが、感想をもらえれば感謝はしていました。

それでも、感想に添えられたリクエストよりも自分が描きたいものを優先させていたので、感想に依存はしていなかったはずです。個人的に、そこを曲げると同人は楽しくなくなる気がします。

感想は基本的に多くの人にとって嬉しいものですが、知り合いや同じジャンルの作り手からの感想は社交辞令の可能性もあるので、あまり全面的に信用して喜ぶのも考え物です。
特に作り手同士の感想のやり取りは「あなたの作品を褒めたのだから、次は私の作品を褒め返してほしい」という取引でしかないかもしれません。

女性向同人の世界だとそういった社交辞令は普通に多くあるのですが、他の界隈ではそこまでの裏表は無さそうというイメージを勝手に持っています。実際はどうなのでしょうか?
もちろん、たとえ社交辞令や義理であろうと、褒め言葉をもらえるのは嬉しいというのなら、それもアリです。あまり感想をもらえない人なら、そういうのでもかまわないのかもしれません。

ですが、やはり感想なら「知り合いでも何でもない人が心から楽しんでくれて、わざわざ長文を書いて伝えようとしてくれた感想」こそが至高だと思います。私を褒めても何のメリットも無いはずの見知らぬ人が、丁寧に書いてくれた感想の手紙やメールは、今でも宝物です。

この無償で送られた嬉しい感想は、良い思い出として残そうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名I より:

    ヒロコ1号さん、こんにちは。過去記事に失礼します。

    >「知り合いでも何でもない人が心から楽しんでくれて、わざわざ長文を書いて伝えようとしてくれた感想」こそが至高

    これすごい分かります~。紆余曲折ありまして、同ジャンルの描き手の方から感想が来てしまうとつい身構えてしまうようになりました。
    ROMの方からの感想が皆嬉しいかというと、そうでもありませんし…。なんか妙にズレた感想を毎回送ってくる方もいらして、消耗したこともありますし。

    自分でつい見返したくなる作品を作るのが第一で、他人からの感想は副産物と思えるようにしたいですね。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名Iさん
    こんにちは。同人を始めたばかりの頃は、身内からの義理感想も素直に喜んでましたが、年月が経っていろいろ経験すると、やはり一番価値があるのは見知らぬ人からの無償の感想だと思うようになりました。特に、同ジャンルの知り合いに対して不信感を抱いたまま同人をやめた私としては、身内同士の感想の送り合いは傍から見ても虚しく感じてしまいます。

    ズレた感想は、幸いなことに全体の中では1%位の割合だったので、私はそんなに気にせずに済みました。そういうのを多く貰ってしまう人は、かなり精神的に削られると思います。

    感想が来るか来ないかも、自分の望む内容の感想が来るかどうかも、自分ではコントロールできないことです。ジャンルや作品作りを楽しむことを大事にして、感想はオマケと考えるのが一番良いですよね。たまにそれを忘れている人がいて、他人事ながら心配になります。

  3. 匿名H より:

    こんにちは。過去の記事に書き込み失礼致します。
    以前2018年12月にコメントさせて頂いた者です。あの時は、個人的な感情のままの書き込みをしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

    あれから少しずつ嫌な気持ちが無くなり、現在は穏やかな気持ちで自カプの小説を書くことが出来るようになりました。
    ヒロコ1号さんの丁寧な返信のおかげです。感謝してもしきれないです。

    私も感想はどっちでもない派です。ただ感想をもらった時は凄く嬉しく思います。壁打ちで交流をしていなく、話しかけづらい私に送って下さるということは有り難いです。
    ただ、ここから私事なのですが、ある一人の方が頻繁にコメントを送ってくださるのですが、他の方と違って距離感が近い感じがして気が重いのです。
    上手く言えないのですが、かまってほしいのかな?と思ってしまいます。
    その方のコメントに気づいていない振りをしてスルーしたりしたのですが、コメントがきます。
    そして、今回来たコメントが“Hさんがリクエストを受け付けてくれるなら、こういうカプ小説を書いてほしい。(以下は、具体的なシチュエーションが書いてあります)”
    正直これを読んで疲弊してしまいました。
    感想は嬉しいです。でも、あまり親しくない相手にリクエストをするのはどうなの?
    と思いました。
    ネットに公開している以上、批判的な感想が来る可能性は覚悟していましたが、こういうのは予想外でした。
    今は自カプの小説を書きたい気持ちが収ました。けど、もし今後また書いてもネットに公開はしないかなというのが正直な気持ちです。きっとその方がいるのでしょうから。
    批判的ではない感想(?)でも、嬉しいのかは人によって違うのだなと実感しました。

    長々と愚痴を書いてしまってすみませんでした。コロナには気をつけてお過ごし下さいm(_ _)m

  4. ヒロコ1号 より:

    >匿名Hさん
    こんにちは。前回のコメントも確認いたしました。お役に立てたのなら良かったです。
    ところで、今回お話して頂いたような、いわゆる「距離感が近すぎる人」というのは、長く活動していれば一定の確率で遭遇することがあります。相手はおそらく作品も気に入ってくれていて悪気も無いのでしょうが、対応に慣れていないと確かに疲れてしまいますね。

    私は、その手の人には「感想は嬉しいけどあなたと友達になるつもりは無い、リクエストは受け付けていない」旨を、直接そういう言葉は使わないで、そういう空気を込めた文章で、できるだけ簡潔に返していました(このような時、長文で返信するのは悪手です)他の人達への返信よりも微妙に温度を下げた感じで…と、これは本当に言葉で説明するのが難しいです。

    とにかく相手に必要以上に懐かれないように、こちらで空気を制御しましょう。
    相手が「かまってほしい」タイプであれば、これでだいたいお引き取り願えるはずです。
    相手を傷付けないように、でもこれ以上近付かせないように、言葉を選んでください。
    ネット上なら、リアルのやり取りよりもゆっくり考えることができます。

    個人的には、たった1人のために公開自体をやめてしまうのは勿体ないと思います。
    でも実際は、そういう作者さんも一定数存在するのかもしれませんね。本当は、批判なんかよりももっと対応が難しいものがこの世にはたくさんあるのですが、同人をしている人全員にそれを上手くやれというのは酷なのかもしれません。今になってそんなことを考えています。