同人活動の思い出/お絵かき掲示板

SNSが同人活動で使われるようになってから、他の交流ツールは目に見えて廃れてしまった印象があります。今も人がいないわけではないけど、昔のような活気はもう無くなってしまいました。お絵かき掲示板もそのひとつだと思います。

お絵かき掲示板は、みんなで絵を投稿してコメントをつけて交流することもできますが、管理人のみ書き込み可能にして個人のラクガキ帳として使うこともできます。
昔、最もメジャーだったと思われるお絵かき掲示板サービス「お絵かきBBS.com」を10年ぶりくらいにのぞいてみたら、まだ使っている人はいるようです。

でも、昔のようにログが追えないほど毎日大量に投稿されたり、人気ジャンル(=過激な人も多いジャンル)のお題が出た時に信者とアンチが入り乱れての大バトルが起こったりもしていなくて、とても平和でまったりしています。

人気があってファンがたくさんいる作品は、たいていアンチもたくさんいるものです。
作品のことを一生懸命考えている人たちの、本気の好意と悪意がぶつかり合うからこそ、うまい二次創作がたくさん生まれたり、すごいトラブルが起こったりするのです。

私も同人引退を決めるまでは、人が多い場所でさまざまな戦いを経験していましたが、引退を決めてからは、マイペースでのんびり描いている人たちがいる場所に目を向けて「こういうやり方もあるんだ」と感動しながら、自分も静かにブログをやっています。眠くなるほど平和だと思います。

昔の画像を漁っていたら、私が10年以上前に「お絵かきBBS.com」に投稿した絵が出てきました。「遙かなる時空の中で2」ですね。
当時は泰継×泉水と花梨×泉水で死ぬほど二次創作してました。

私自身が癒しと縁の無い人間だから、癒し系キャラに惹かれやすい傾向があります。
人に優しい子ってすごいですよね。私にはとてもマネできません。

ところで、今一番人が多い場所と言えば、やはりツイッターなのでしょうか?
個人的に、あれは同人の交流には向かないツールだと思っていますが、だからと言って、昔の掲示板などのほうが良かったかというと、それは違う気がします。
昔は昔で、今とは違った形のトラブルがありました。オタクの業は深いです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする