同人活動の思い出/雑誌の同人誌コーナーと個人情報の取り扱い

1997年に作った同人誌が出てきましたよー(・∀・)1冊だけ手元に残してたやつです。

サムライスピリッツのRPG「武士道烈伝」のオールキャラ本です。
当時入っていた会員制サークルで知り合った人との合同誌です。
表紙は私が描きましたが、裏表紙はその人が描いて、中身も半分ずつ描いてます。

この頃はまだネットも無くパソコンも持っていなかったので、表紙のカラー原稿は水彩色鉛筆とサインペンで塗って、バックの緑色はカラートーンを貼りました。

中身はこんな感じです。今の100倍くらいがんばって描いてたと思われるアナログ原稿です。

この本は、今は無き「ネオジオフリーク」の同人誌コーナーでも紹介されました。

もう雑誌が手元に無いのが残念ですが、雑誌には私の当時の住所も掲載されてるから、今はあまり残しておかないほうがいいのかもしれません。私はこの時はゲームジャンルにいたので、他のゲーム雑誌の同人誌コーナーでも、自分の本をよく紹介してもらってました。

昔は、今の感覚では信じられないほど、個人情報の取り扱いがテキトーでした。
同人誌やグッズの頒布も、サークルの会員募集も、みんな雑誌に住所氏名を載せてもらって、手紙でやり取りしていました。一部の大手サークルは局留めなどを利用していましたが、ほとんどの人は普通に自宅住所を公開していました。

私は何度も引越して住所が変わってるからいいけど、ずっと同じところに住んでいる人は、こういう昔の雑誌から自宅をつきとめられる可能性もあると思います。

幸運なことに、私は住所を公開したせいで大変な目にあったという経験はありません。
でも中には、嫌がらせをされたという人もいたみたいです。
そういったトラブルが起こるようになって、雑誌に住所氏名を載せることはやめるようになり、同人誌の奥付にもメールアドレスなどしか書かないというやり方が広まっていったようです。

私が昔作った本の奥付にも住所が書いてありますが、今は引っ越して違う住所です。
今から10年以上前に作られた同人誌は、だいたい奥付に住所氏名が書いてあると思います。
当時は、個人情報の取り扱いがそんなに厳しくなるなんて、予想もしていませんでした。

ネットのおかげで、住所氏名を晒さなくても他の方法で連絡が取れるようになったので、そこはとても便利になったと思います。でもあの昔の雑誌の、思いっきり私の住所と本名が載っているユルい空気も、個人的に恋しく思っています。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする