同人活動の思い出/ラミネートカード略してラミカ

ラミネートカード(ラミカ)とは何でしょうか?
このように、イラストをラミネート加工したカードのことを言います。

このラミカの絵は、私が昔描いた「サクラ大戦」のジェミニとエリカです。
この写真の撮影のためだけに、今作りました。

名刺サイズやトレカサイズだけでなく、他の形や大きさのものも自由に作れます。
私が持っているラミネーターは死ぬほど古いものですが、今でもちゃんと正常に動きます。

漫画や小説の本は読みものだし、便せんは手紙を書くときに使えます。
でもこのラミカって…何に使うんですか?…こっちが聞きたいわ!!!(セルフツッコミ)
冷静に考えれば無意味極まりないものなのに、昔からなぜかよく売れるグッズでした。

私は個人的に、イラストだけより漫画を買いたいと思うほうだし、よほど特別に大好きな絵師さんの絵でもなければ、こういったグッズ類は要らない派でした。
なので同人をやっていた頃も、ラミカの良さはあまり理解できないままでした。

でも地方の小規模なイベントでは、本よりもラミカのほうが売れる場合もありました。
本よりも単価が安いからよく売れるのではないか?なんて言ってる人もいました。
買い専さんの中には、とにかくたくさんコレクションしている人もいました。

あと、ラミカの裏にテープ等で安全ピンをくっつけた「ラミバッジ」なるものもありました。
今は印刷屋さんでもっと豪華なグッズが作れるので、ラミカはすでに過去のものではないかと思っているのですが、意外とまだあるのでしょうか?

ラミネーターは、ラミカ以外に値札などを作るのにも役立ちました。
今では、母が旅行で拾ってきた紅葉などをラミネート加工して保存したりしています。
同人界は戦場でしたが、ラミネーターも最後に穏やかな仕事ができて良かったねと思っています。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする