レコードプレーヤー「フォノクリッパー」を買って30年以上前のレコードを聴いてみた

みなさんは、もう再生できる機器も無いけど、ずっと捨てられなくて持っているレコードなどはありますか?「レコードって何?」とか思った若造は置いてくぜ!

私が生まれて初めてCDという物体を見たのは、小学5年生くらいの頃だったと思います。
それまでは、音楽媒体と言えばカセットテープかレコードでした。

当時の私は小学生でしたので、新品のレコードを買う財力はありませんでしたが、レンタル店で中古で売っていた「レンタル落ち品」をいくつか購入して、今もまだ持っています。
ですが、レコードプレーヤーのほうはとうの昔に処分して、再生はできない状態でした。

中古レコードを買い取ってくれる所もいろいろ調べましたが、そもそもレンタル落ち品は不可というところばかりで、それなら「処分する」のではなく「また聴く」という方向へ行ってみようぜ!というわけで、さっそく買いました。個人的に再生さえできればいいので、安いやつでいいと思って探したら、本当に安いやつがありました。

レコードプレーヤーと言えば、最低でもレコードと同じくらいの大きさで場所を取るものだと思っていましたが、このコンパクトなフォルムは衝撃的でした。この発想は無かったです。

電源は電池でもUSBケーブルでもOKです。アウトドアでも聴けるらしいですが、そこまでアグレッシブな暮らしはしていませんので大丈夫です(・∀・)

肝心のレコードだけど、私が持っているのは主に80年代女性アイドルです。秋元康氏は神です。
私は昭和生まれだから、AKBとかもいいけどおニャン子クラブのほうが好きです。
あの、今の時代だといろいろ規制が入りそうな歌詞とか最高だし、普通に可愛い曲も多いです。

ターンテーブルが小さいので、レコードが回っている様子は、見ていて若干不安定です。
SDカードやUSBメモリへの録音もできるのでやってみたけど、すごく簡単にできました。
終わっても針は自動的には戻りませんが、手で戻すとレコードの回転も止まります。

EPレコードも、回転数を45回転に変えて聴くことができます。

小学生の頃に初めてレコードを買った時、EPレコードは回転数を変えないといけないことを知らなくて、33回転で聴いて「声がオッサンじゃねえかよ!( ゚д゚)」と驚いた思い出があります。同じ経験をした人がいましたら、勝手に心の友認定しますのでご注意ください。

音については、私は普通に聞くぶんには問題ないと思いますが、音質にこだわる人にはあまりオススメできないかもしれません。プレーヤーが悪いのではなく、30年以上前のレンタル落ちレコードにも責任があると考えられますが、もっと高いプレーヤーなら音キレイなのかな?

でもレコードって、音質がどうこうより、あのグルグル回っているのを眺めるのが楽しくて情緒があるのではないかと、久しぶりに再生してみて思いました。だって音質とか値段の安さとか手軽さなら、どう考えてもダウンロード購入が最強なので(効率厨)

そもそも私は昔から「画質や音質は最低限でかまわない派」なのです。
なかなかの劣化ぶりだったとしても、脳内で自動的に美しく変換されるから大丈夫です。
キャラ同士がちょっと会話をしただけでも「こいつらはデキているに違いない!」と妄想できる、オタク女の特別製脳内フィルターをナメるな!( ゚д゚)

ともかく、そこまで音質にはこだわらない&持て余しているレコードがある人は、ちょっと聴いてみるために、場所を取らない&安いプレーヤーを購入してみてもいいと思います。

レコードがグルグル回っている光景、懐かしくて楽しいですよ。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする