小説を読む時、登場人物の声を脳内で再生しますか?

私は小説を読む時、登場人物のセリフはすべて「声」で脳内再生されます。
声優さんがついているキャラならその声が、そうでなければ自分で想像した声が、脳内でセリフを喋ります。さらに、アニメみたいに映像も脳内に浮かび上がります。

長年、それが普通で他の人たちもそうしていると信じてきましたが、同人をやってた頃に出会った人の中には「同人小説も速読で読む」という人もいて驚いた思い出があります。

私は過去に「本を早く読めたら便利じゃね?」と思って速読の勉強をしたことがあります。
これはこれでとても便利です。実用書とか、ただ内容を確認するだけなら速読で読むほうが効率が良いです。でも、小説などの物語は速読で読もうとしても、良いシーンや好きなキャラの出番に差し掛かると、脳の“速読モード”は解除されてしまいます。

そもそも速読とはどういう読み方かと言うと、普通に文章を読む時は1文字ずつ順番に読んでいきますが、速読はできるだけ多くの文字を1つのかたまりとして読み取ります。
視野を広げるトレーニングをして、1度に目に入れる文字数を増やしていくと、これまでより早く読めるようになります。この時、文章を脳内で音に変換することはありません。

ですが、小説の中で推しキャラが喋っている時に、そんな読み方ができるでしょうか?
私は無理です。一言一句、ゆっくりと、脳内でキャラの声を再生してしまいます。

商業小説だけでなく同人小説まで速読で読むという人は、そんなにBLエロ小説を効率良く大量に摂取せねばならない事情があるのでしょうか?喘ぎ声も速読で読むのでしょうか?
忙しくてゆっくり読む時間が取れないのだとしても、それでも同人小説を速読で読むのは難しくないですか?あと、小説の作者本人に「速読で読んでいる」と伝えたらガッカリされそうです。

この辺は、ブログのネタのために、もっといろいろ尋ねておくべきでした。
同人関係の知人とは悉く縁を切ったので、もう話すことも無いわー、つらいわー(・ω・)

それはいいとして、実際のところ、みなさんは小説をどのように読んでいますか?
脳内でセリフ再生派か、速読派か、それ以外の読み方なのでしょうか。
こういうのは、他の人がどうしているのか、なかなか知る機会が無いので興味深いです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする