預金通帳の届出印がどれだか分からないから確認してきました

特に今印鑑が必要というわけではないのですが、突然気になったので調べてみました。
いやー、同人やめたら時間が余っていろんな事してしまうわー、つらいわー(・∀・)

若い人は知らないかもしれませんが、昔の預金通帳には届出印の印影が載っていて、通帳をひらけばどの印鑑を登録しているかがすぐに分かりました。ですが今は、通帳が盗まれた時に偽造印が作られるのを防ぐためなどの理由で、通帳を見ても何も載っていません。

今はほとんどのことはATMやネットでできますし、印鑑が必要になる場面なんてそんなにありませんが(だからこそどの印鑑か忘れる)いざという時に届出印が分からないとやはり不便だろうなと考えて、時間のある時に確認しておくことにしたのです。

確認方法を調べたところ、まずは通帳と、本人確認のための身分証明書と、おそらくこれだろうと思われる印鑑を全部紙に押印したものを用意します。

これらを銀行の窓口に持って行けば、どの印鑑が登録されているか教えてくれます。
印鑑は銀行に行ってから押印してもいいけど、先に準備しておくほうがスムーズです。
意外と簡単!もっと指紋取られたり電気椅子に座ったりするのかと思ってた!

私は印鑑を2つ持っているので、白い紙に2つ押印して持って行きました。
郵便局と銀行の両方で確認しましたが、郵便局のほうは身分証明書の提示は不要でした。
これは私が行った時の話なので、身分証明書はやはり持って行くほうがいいと思います。

窓口が混んでいなければ、確認にかかる時間自体はとても短いので、届出印が分からなくなっている人は何かのついでに確認してもらうことをオススメします。
想像していたよりずっと簡単でした。

“おそらくこれだろうと思われる印鑑”がどれも違っていた場合はヤバイけど(・ω・)

ところで、預金通帳と言えば印鑑のほかに暗証番号というものもありますが、2次元オタクなら推しキャラの誕生日を暗証番号にしたことがあるはず!私はしてた!今は違うけど!

まず一般人には想像できない&絶対忘れないという点で最良の選択だと思っていました。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする