アニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」最終回を見ました

アニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」を最終回まで視聴しました!
プリキュアは初代から全話見ていますが、自分の感想を外に発表するのは初めてです。

今作は、序盤の段階ではもっと気楽な雰囲気で1年間やっていくのかなと思っていたら、途中からなかなか重いネタを挟んできたので驚きました。特にゆかりさんのメイン回は、内容を理解できた幼女はどれくらいいたのかと、余計な心配をしてしまいました。
あれは、ゆかりさんと同じ境遇の子でないと共感できませんよね。なかなか居ないと思います。

でも、自分が幼女だった頃を振り返ってみると、内容をきちんと理解できていなくても、変身バンクと主題歌と可愛い女の子の絵があればおおむね満足していたので、それで楽しめていればOKだと思います。自分が子供の頃に見ていたアニメを大人になってからもう一度見ると「これこんな内容だったの!?」と驚くことが多いです。歳を取ってからはこれが楽しいです。

第48話のエリシオとキュアホイップのやり取りは、なかなか良い落としどころでした。
スイートプリキュアのノイズとメロディでも思ったけど、闇を完全否定しないで、それはそれとして忘れないでいてくれるのが理想のヒロイン像ではないかと私は思います。

エリシオの言う通り「大好き」は簡単に「大嫌い」に裏返るし、さらに個人的に付け加えるなら、一度大嫌いになったものはまず元には戻りません。そして、自分の「大好き」が必ずしも他人を幸せにするとは限りません。でも、このことはそれを実際に体験した人にしか分からないし、未就学児でエリシオの言うことが分かる子がいたらそれこそ哀れすぎます。

子供のうちだけでも「大好き」を疑わずに信じられたらいいですね。大きくなると、とても100%信じることはできなくなってくるので、子供のうちだけでも(・∀・)

あと、ノワールとルミエルの関係性がめちゃくちゃ好きです。ああいう、みんなを救おうと清らかな気持ちで頑張ってる人に「私だけを見ろ!」と要求して、断られたらキレて世界を滅ぼしたりする系の黒幕大好き!ただし2次元に限る!リアルにいたら通報したほうがいいです。

作中に出てきたスイーツはどれも本当に美味しそうで、それも楽しみで見ていましたが、やはり薄汚い大人としてはどうしても「キラパティは飲食店営業許可の届け出をちゃんとしているのか?食品衛生責任者は?保健所が乗り込んできたりしない?」ということがめちゃくちゃ気になって、なかなか落ち着いて視聴できないのが悩みでした。

たぶんアレですよ、いちご坂は現代日本じゃないから大丈夫なんですよ!
地球と見せかけてどこか違う惑星なのかもしれないと考えて、ようやく納得できました。

次回からは新番組「HUGっと!プリキュア」が始まります。
番宣で、はなちゃんがはぐたんのことを「ぷにぷにであったかくてとーっても可愛いの」とアピールしてましたが、赤子ってだいたいみんなそうだと思いますよ!(・∀・)
中学生で赤ちゃんを育てるという、ニチアサにしては衝撃的すぎる内容に乞うご期待!

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする