ローソン/くまのカップケーキ(ミックス)

ローソンの「くまのカップケーキ(ミックス)」です。

くまモン、リラックマ、くまのプーさんなど、普段見かけるクマキャラには可愛らしいイメージがありますが、その一方で昔は「熊にあったら死んだフリをしろ!」とも言われました。

直接対決したら多分死にますからね(´・ω・`)
そんな恐ろしい動物をかたどったスイーツです。

だけど「熊にあったら死んだフリ」というのは、実は間違った対処法らしいです。
私が子供の頃(昭和時代)は、漫画やアニメで、熊にあった時に死んだフリをするネタをたまに見かけたけど、実際はそれでは助からないことのほうが多いらしいです。

そんな恐ろしい動物のスイーツなので、もっと大きいかと思っていたのですが、容器も含めて高さ10センチほどしか無くて、最初は売り場で見つけることができませんでした。

容器には後ろにも絵がついていて、見た目に気を使っているかと思いきや…

出、出たー!「プラスチック容器に貼られたシールがキレイに剥がせない」問題ー!

当たり前だけど、食べる時はフタを外して食べるのです。これでは見た目も台無しです。
でも公式サイトの写真には、なぜかこの「シール剥がし跡」は見当たりません。

ゴミの分別のことを考えても死ぬほど面倒くさいので、こういうの、もう少しどうにかならないでしょうか?最近は容器を見て「捨てる時に分別が面倒くさそう」と感じたら買うのをやめる時もあります。エコだ何だと言われても、しょせん世の中こんなもんです。

耳の部分はビスケットということで、硬いのかと思って指でつまんで取ろうとしたら、柔らかすぎて崩れました。これはビスケット…なのですか?一番の驚きポイントでした。

ホイップの下に、メロンムース、オレンジムース、ソーダムース、ストロベリームース、グレープムースが入っていて、底にはスポンジがあります。王道な味わいです。
色的には、同時発売の「くまのカップケーキ(チョコ)」のほうが現実のクマっぽい色だけど、私はミックスのやたらメルヘンな色合いが気に入りました。

でも、本物の熊に遭遇した時は冷静に対処しましょう。死んだフリはダメらしいです。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする