「ペン入れ後よりも下描きのほうが良く見える」という今更語るまでもない現象

エンピツで下描きをした段階ではイイ感じだったのに、ペン入れをして下描きを消すとちょっと劣化したように感じる…こんな経験をした人は多いと思います。

理由は今更語るまでもありませんが、何度も線を重ねたり迷い線がある下描きの状態では、見ている自分の脳内では、その中から自動的にベストな線を選び出して上手く描けているように感じているのです。でも、ペン入れをする時は線を1本に決めなければいけなくて、そのペン入れをしくじった状態で下描きを消すと、劣化したように見えてしまうのです。

これは、下描きで線をたくさん重ねるクセがある人ほど、よくある現象だと思います。
私は下描きもほぼ1本線なのですが、そんな私ですら、ペン入れをして下描きを消したあと「下描きのほうがイイ感じに描けてたような気がする(´・ω・`)」と思うことはあったので、これはイラストを描く人にとっては本当によくある話なのでしょう。

そこで私は、一時期「ペン入れをしないで下描きのまま印刷する」という方法を取っていたことがありました。何を言ってるのか分からねーと思うが、そのままの意味です。だって、ペン入れを省略すればそのぶん時間が短縮できるし、見た目もたいして変わりませんし。

以下の画像は、2012年に発行した「Fate/Zero」のゼロカフェ本の原稿の一部です。

ペン入れはしていません。エンピツで描いた線をデジタルで調整しました。
線画を拡大すると完全に黒の線ではなくエンピツの線だと分かりますが、印刷して見るぶんには問題ないと判断したので、このデータのまま印刷に出していました。

しばらくの間この方法で作っていましたが、エンピツの線を調整するのもそれなりに手間がかかることに気付いたため、また普通にペン入れをするようになりました。

今はそもそも原稿は描いていないのですが、昔ほど手に力が入らなくなってしまって、もうエンピツ画を完成品として使うことはできないなあと思っています。
このエンピツ画を調整する手間を考えると、大人しくペン入れしたほうが早いです。

これは実際に歳を取ってみないと分からないと思いますが、本当に手が揺れて長い線が一気に引けなくなり、長時間集中できなくなってくるのです。
マジでそれ分かると思ってくださる人がいたら、勝手に高齢者仲間に認定します。

ただ最後に身もフタもないことを言いますと「下描きのほうがイイ感じだった」とか「ペン入れをしたら劣化してしまった」なんてことは、描いた本人が1人で勝手に思っているだけであって、他人からは「いや、どっちも同じに見えるけど?」と思われるのが現実です。

下描きの重なった線からベストな線を選ぶのも自分の脳内ですし、ペン入れの線がベストな線ではないと感じるのも自分がそう思っているだけで、他人は知ったこっちゃありません。

そう考えると、自分ではイマイチな出来だと思っている絵も、他人は気にしないから出しとけばいいんじゃね?という境地に至ることができます。私はもう至りました。
絵を評価するのは、自分じゃなくて見た人なのです。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さちえ より:

    初めまして。いきなりですが、私はヒロコ1号様と同じ歳です。若い頃からゲームやアニメが好きで絵は描いていましたが、同人経験はなかったので、同人関連の記事は興味深く拝読させて頂いています。
    もうこの歳となればやはり同人や二次創作から離れる方が大半なのでしょうが、私はこの歳になって二次創作に再燃し、サイトまで作った出戻りであります。20年近く前のジャンルとCPなので交流もなく自給自足で細々と絵を描いている状況なのですが、正直昔よりも二次創作を楽しんでいます。まぁ、こんな高齢オタクもいるんです、という事で…。自分語り失礼致しました。
    今後もヒロコ1号様の同人思い出話を沢山拝読できたらと思います。

  2. ヒロコ1号 より:

    >さちえさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。私と同じ歳ですか!(・∀・)
    再燃するのって、きっとすごく楽しいのでしょうね。私のあまり穏やかじゃない思い出話で良ければ今後も語りますし、サイトもがんばってほしいです。

    私も体力があればもっと続けたかったけど、そろそろいいかなという気分になってしまいました。若い頃は20ページ以上の漫画を1日で描いたりしてましたが、今はイラストを1枚描くのにも苦労しています。歳を取っても元気な方もいるので、そこは個人差ですね。

    私は今ではすっかりROMになりましたが、これはこれで、自分が描き手として参加していないほうが、他の人の作品を素直に楽しめるような気がしています。
    昔は、SNSで自分より評価が高い人にイラッとしたりもしてましたので…私みたいな性格の人間は、隠居するくらいでちょうどいいのではないかと、今ならそう思います。

  3. まゆ より:

    はじめまして!検索よりたどり着きました。同人あるある話、なつかしく読ませていただきました。

    私も40代で、創作イラスト同人誌を作ってコミティア等で頒布しております。私の場合はヒロコ様同様、最初は漫画を描いていたのですが、絵を描くこと自体が楽しくなってしまい漫画のお話が消えてしまいました(笑)絵を描くことが目的なのでツイッター交流等は本当に面倒で、ヒロコ様のブログを拝見して共感出来る点がたくさんありました。

    お菓子のエントリーも面白かったです!これからも楽しみにしておりますので、ゆるゆると更新されてくださいね(o^^o)いきなり語ってしまい申し訳ありませんでした。

  4. ヒロコ1号 より:

    >まゆさん
    はじめまして。私は漫画でお話を伝えるために絵を描いていたタイプで、お話は作りたいけど絵を描くのはめんどくさかったです。なので、一時期小説を書いていたこともありました。

    私は二次創作がメインでしたが、一度だけオリジナル本を作ってオリジナルオンリーのイベントに出たこともあります。コミティアは未体験ですが、オリジナルオンリーの和やかな雰囲気は良いなと感じました。絵やイベントを楽しめているならツイッターは不要かと思います。

    お菓子のエントリーは、私の中では他にネタが無い時の穴埋め的なものなので、自分ではあまり面白さが分からないのですが、楽しんで頂けたなら嬉しいです。
    更新は超マイペースですけど、それでもよろしければ気が向いた時に見てください。