まともな画力が無くても今はデジタルのおかげでそこそこ何とかなる有り難い時代

人物の顔を描く時、ナナメ向きの顔と正面顔のどちらが難しいと感じますか?
私は圧倒的に正面顔のほうが難しいと思います。

ただし、完全にアナログのみで描く場合に限ります。デジタルなら、右側か左側の顔の半分だけを描いて、コピペして左右反転して真ん中でくっつければ正面顔なんて楽勝ですので。

とは言え、リアルの人間の顔は完全に左右対称ではありません。
対称に近い人もいますが、対称ではない人もけっこういます。だから、たとえイラストであっても反転コピーを使うと不自然に見えるからダメだと言う人もいます。

でも、反転コピーを使わずに全部自分で描きながら、歪まないようにバランスを取っていくのって面倒くさすぎですよね(´・ω・`)私にはもうそんな元気は無いのです。
だったら全部を反転コピーするのではなく、輪郭・頭・睫毛・眉毛という、顔の大まかな形を作る部分だけを反転コピーして、あとは自分で描けばイイ感じになるんじゃね?と考えました。

そうして描いたのがこの絵です。色は急いで適当に塗ったので、これから考え直します。

もっと疲れている時は身体や服も反転コピーを使いたくなりますが、それだと本当に「ああコイツ反転してるなw」って感じの絵になってしまって、さすがに格好悪いので最終手段にしています。
いつもその時のフィーリングで臨機応変に対応しています。

目も楕円ツールで描いています。ナナメ向きの顔の時は左右の目が同じ大きさだと変なので、ツールで描いたあと調整します。気分次第でフリーハンドで描く時もあります。

意識が高い人は「反転コピー、楕円ツール、直線ツールは邪道!」と言ってきますが、私はラクさ優先なので全部使います。傘の一部は直線ツールを使っています。

これなら、全部フリーハンドで描くのと比べて半分以下の時間で描けます。
描くのが大変な部分はコピペしてもいいし、フリー素材に頼ってもいいと思います。
描けないものは無理をせず、描けなくてもそれっぽく見せかける方法を全力で考えるのです。

絵の練習とは過酷なものです。美少女キャラを描きたいと言っている人に「まず自分の手を見て毎日デッサンして」なんて言っても続くわけがありません。
描ける人が描けない人にアドバイスをしている光景は何度も見たことがありますが、無理なことばかり言っているなあと、学生の頃から思っていました。

もちろん、正しい方法で地道に努力すれば上手くなります(何も考えずに量産だけしても上手くはなりません)が、それは誰にでもできることではありませんし、ラクできそうなところが無いか頑張って考えるのもけっこう大変なんですよ!

…と、まったく威張れないところを威張ってみるのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする