筆ペンで線画を描く

デジタルに移行してからは、線画を描く時は普通のペンツールしか使わなくなりましたが、アナログで描いていた頃は筆ペンでペン入れをすることもありました。
その当時の絵を発掘したので写真を撮りました。

左下に1997.10と日付が入っていますが、その下に入っていたサインは本名なので消しました。
大学の漫画同好会で描いた絵で、学園祭に出したものです。途方もなく懐かしいです。

筆ペンでペン入れをすると、細いペンで描くよりも細かいブレが気にならなくなるので、実のところちょっとラクでした。でも、漫画イラストを描くにはやはりイレギュラーな方法なので、いつも筆ペンを使うわけにはいかないと思っていました。

今考えてみれば、そんなの別に好きにすれば良かったですね。
もうひとつ、紙に筆ペンで描いた絵に、デジタルで色をつけたものが出てきました。

「遙かなる時空の中で」の源頼久さんです。和風=筆ペンという安易な発想です。

遙かの二次創作サイトは2009年に閉鎖済みですが、レンタルサーバーの容量も余裕あるのだし復刻しませんか?みたいな話が出ています。とは言え、イラストはめちゃくちゃ古いのばかりだし、18禁小説は今の私にとってはかなり黒歴史なので、やっぱり難しいですね(´・ω・`)

当時いつも感想をくれた方々には、今も感謝しています。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする