デッサン人形の末路

うちにあるデッサン人形です。昔からよくある形のやつです。

デッサン人形は「絵の練習をしよう」と考えたことがある人なら、たいてい買ったことがあると思いますが、実際に活用できている人はどれくらいいるのでしょうか?
私は活用できた記憶がまったくありません!(・∀・)

そもそも私には「見たものをそのまま描く」能力が無いので、デッサン人形を見たところでその通りのポーズを描くことはできません。同じように、背景やポーズの写真集なども、昔はよく買いましたが一度も使いこなせず終わりました。

さらに、上の写真のような木製のデッサン人形の関節は、意外と自由には動かせなくて、取れるポーズは限られています。可動部分が少ないうえに、実際の人体と同じように曲がるわけではない(曲がってはいけない曲がり方もする)ので、もともと人体の構造をある程度分かっている人が参考にするものらしいです。なので、素人がこれをいきなり買っても、使いこなせるわけがありません。

昔は無かったけど、今は関節の動きが実際の人体に近いドールタイプのデッサン人形があります。
あれなら木製のデッサン人形より使いやすそうです。

でも私は結局「見たものをそのまま描く」能力が無くて、どんなに優秀な資料があってもその通りに描けないため、役立てられそうにありません。本当に、これまでどうやって漫画を描いてたんだろうと思うくらい、絵を描く能力が壊滅的に無いのです。

そんなヤツでも、萌えのパワーだけで同人誌は出せますよ!という夢のある(?)結論でしめておきましょうか。うちのデッサン人形は現在、楽しい置き物と化しています。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする