アニメ「Fate/Apocrypha」/第22話「再会と別離」感想

小説の文章じゃなくて映像で見て改めて思ったけど、空中庭園の耐久性がすごいです。
そのへんの欠陥住宅は見習ってほしいものです。

カルナと戦っていたジークは、時間切れで変身が解けてしまいます。
再び変身しようとするジークを制したカルナは、後方で隠れていたカウレスに声をかけ、囚われている赤のマスター達を地上へ逃がすように頼みました。
それを果たしたあと、最初に交わしたジークフリートとの約束に従って、再度戦闘を開始します。

アキレウスはケイローンとの約束により、宝具の盾をアストルフォに貸して、ジャンヌに襲い掛かるアタランテを止めに行きました。アタランテは、アキレウスの攻撃で最後に正気を取り戻し、力を使い果たしたアキレウスとともに消滅しました。

ジークは竜告令呪を全て使いきり、アキレウスの盾を使ったアストルフォの助けもあり、かろうじてカルナに勝利します。そして、大聖杯のもとへ向かうジャンヌを追うのでした。

◆原作ファンの人に向けた感想◆

今回の戦闘シーンの作画、めちゃくちゃ動きがあって私は好きです。
ufotableのやたら小綺麗な感じもイイと思いますが、Apoアニメはこれで良かったと思います。

原作の改変で一番大きかったところは、ジークフリートの心臓移植シーンにジャンヌが立ち会ったことだと思いますが、それ以外もちょくちょく違うところがあって、この先もどうなるのか分からなくなってきました。ていうか、次回はついにジルが出てくるだろうから、違うスタジオの作画で描かれた旦那も楽しみにしてます!(・∀・)

◆原作知らない人に向けた解説◆

アタランテの宝具「神罰の野猪(アグリオス・メタモローゼ)」は、女神アルテミスが地上を罰するために送り込んだ魔獣カリュドンの皮を身に纏うことで、魔獣の力を自分のものにする宝具です。
それはそうと、地上ってだいたいいつも罰されてますね。

人間がダメダメな存在だということは、昔の人もよく分かってたんだろうなあ。
子供たちの不幸も昔から現代までずっと続いていますが、大人たちも同様にロクな目に遭っていないと思うのです。もうエロ同人誌でも作って気を晴らすしかないくらいに。

アタランテは、アキレウスの父ペレウスと共に冒険をしたことがあります。
だからアキレウスは彼女を気にかけ、親しみと尊敬をこめて「姐さん」と呼んでいます。

アキレウスは、アタランテの様子がおかしかったことに気付いていながら、師匠との対決のほうを優先したことを悔やみ、最後に彼女と一緒に退場しました。
え?アニメ内で説明しろ?2クールしかくれなかった偉い人に言ってください。

シェイクスピアは、これまでいろいろウザがられながらも、実は対ジャンヌ用秘密兵器だったので温存されてました。史実でもジャンヌのことを魔女として書いてるんですよね。
フランスの英雄であるジャンヌは、イングランドの敵だったのでしょうがないのです。

◆おまけ◆

WEBラジオ第24回を聞いて思いましたが、言峰もだいたい脱ぐけど、ギルガメッシュもだいたい脱ぎますよね。Fateで同人活動してた頃、知り合いに神金好きな人がいて、カプ違いだったけど話してて楽しかったなあ。私の本の取り置きを頼まれて、その人の売り子さんに渡したら、売り子さんも私の本を気に入ってくれて、もう一度スペースに来てくれたりしてね。

………はっ( ゚д゚) 昔の話です。

WEBラジオと言えば、ラジオCD「Fate/Apocrypha Radio トゥリファス! Vol.1」が発売されています。DISC1は赤黒キャスターコンビ(の中の人)をゲストに迎えた新規録りおろしで、DISC2には第0回から第8回までのアーカイブデータをMP3で収録しています。

アーカイブデータは、放送された分がちゃんと全部入っていて嬉しいです。
昔買った他作品のラジオCDでは、編集されて短くなっていたものもあったので。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする