アニメ「Fate/Apocrypha」/第15話「道は違えど」感想

思わず「監禁」という言葉が出るアストルフォは、まだ前のマスターの影響が残っています。

アダムを倒したあと、ユグドミレニアの生き残りたちと赤のセイバー組は一時的に協力して空中庭園を追うことにしました。ダーニックの代わりにリーダーとして気丈に振る舞うフィオレを心配するケイローンは、カウレスにとある疑問を投げかけます。

まだ聖杯を諦めていない獅子劫とモードレッドは、ユグドミレニアに協力しつつも別行動で聖杯を取りに行く計画を立てます。ゴルドは、聖杯大戦が自分の思い描いていたものとは違っていたことに憤りつつ、自分が造ったホムンクルスたちの面倒を見るのでした。

ジャンヌは、変身のために竜告令呪を2画使ったジークに、ジークフリートの分だった令呪2画を渡しました。竜告令呪を使うとジークに不幸が降りかかる予感がするけれど、そこまでジークを心配する感情が自分のものなのか、依代の少女のものなのか、ジャンヌは疑問に思うのでした。

◆原作ファンの人に向けた感想◆

ゴルドさんは序盤で死にそうと見せかけて生き残り、典型的魔術師キャラと見せかけてちょっと違うところもあって、Apocryphaは本当にミスリード狙いが多い作品です。

私の記憶が確かなら、フィオレとセミラミスも「ひどい死に方しそう」とか「ソラウ臭がする」とか散々な言われようでしたが、作者が違うから大丈夫でした!よかった!

ところで「全人類の救済」という願いに反発できるのは、今元気に生きている人ですよね。
生きることに精神的にも肉体的にも疲れ果て、早く楽になりたいと思っている人なら、すぐに救済してほしいと思うはず…と、疲れている人のひとりである私は考えます。

人の世界で生きていれば、やがて「疲れたもうイヤだ」状態になると思うのですが、救済なんていらないと言える人はなんて若くて元気なんだろう。
私は原作で天草の救済方法を読んだ時、ナイスアイデアと思ってしまいました。

◆原作知らない人に向けた解説◆

獅子劫が言った「セルフ・ギアス・スクロール」とは、魔術師が自分自身に呪いをかけて結ぶ、決して違約できない呪術契約のことです。
今回だと「天草を倒すまではユグドミレニアと敵対しない」とかだろうけど、そこまでしなくてもいいと獅子劫を信頼してしまうところが、フィオレの人の良さを表しています。

Fate世界の魔術師は非情という設定がありますが、中には魔術師にしてはお人良しすぎるタイプもいます。魔術を極めるためなら動物も人間もためらいなく殺すという魔術師の家の空気と、普通に生き物に愛情を注ぐフィオレの倫理観は実は合っていません。
フィオレは魔術の才能はすごいけど、性格は魔術師に向いていないのです。

カウレス以外の家族は、フィオレの才能の素晴らしさに目を奪われて、そこにまったく気付きませんでしたが、ケイローンは見抜きました。フィオレのこれからの選択に注目です。

また、魔術師は魔術刻印を子孫に受け継がせ、家を存続させなければいけませんが、獅子劫家は呪いによって子供ができなくなり、養子を迎えても死んでしまいました。
だから、獅子劫さんの願いは「子孫繁栄」で、獅子劫家の養子にならなければ死なずに済んだはずの子供のことも、決して忘れてはいけないと考えています。

ホムンクルスたちの手当ての場面で言われていた「アインツベルン」というのは、ホムンクルスの製造で名高い魔術師の一族で、他のFateシリーズにも出てきます。
ゴルドの家は、アインツベルンの技術の一部を教えてもらってホムンクルスを造っています。

ジャンヌはレティシアという少女に憑依する形で召喚されているので、やたらジークを心配してしまうのは、自分ではなくレティシアの感情なのではないかと考えています。このあたりは伏線です。

◆おまけ◆

WEBラジオ第16回も楽しかったです。Fateは主要キャラもガンガン死ぬけど、モブはもっと簡単に大量に死にます。ジャックちゃんに殺られたモブ魔術師たちは気の毒ですが、どうせ心臓を抉られるのなら可愛い幼女に抉ってもらうほうが良くないですか?

私自身の最期を想像してみても「露出の多い丹下ボイスの幼女に心臓を取られる」なんて体験はできそうにないので、どうせいつか苦しんで死ぬのならそっちのほうが羨ましいです。
ジャックちゃんの出番もこれからありますので、あのシーンがどうなるか楽しみです。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする