アニメ「Fate/Apocrypha」/第7話「自由の在処」感想

FGOの水着フランが死ぬほど可愛すぎるんだけど一体どういうことなの!?( ゚д゚)

フィオレの窮地はカウレスに救われましたが、ケイローンも傷を負ったので、黒の陣営は撤退しました。同じく撤退したジャックは、ハンバーグや心臓を食べて元気になりました。

一方、シロウのいた教会にたどり着いたジャンヌは、なんかイヤな感じの啓示を受けてシロウを探しますが、シロウに会うことはできませんでした。シロウと赤のサーヴァント達は、セミラミスの宝具に乗って空を飛び、黒の陣営へと攻め込みます。黒の陣営もこれを迎え撃ちます。

その頃、自分のすべきことが分からずに悩んでいたジークは、戦場へ戻る決心をしました。
彼に平和な人生を歩んでほしいと願っているアストルフォやジャンヌからは怒られるかもしれませんが、それでも戻ろうと決めました。

◆原作ファンの人に向けた感想◆

無駄なく進んでいるように見えるのに「あれ?全25話で足りる?」と心配になってくるのは、Fateアニメのお約束だと思います。ZeroとUBWも同じ気持ちで見ていました。
Zeroはアニメのほうを先に見たけど、一期が終わるころに原作も読みましたので。

私がApocryphaアニメで特に楽しみにしていたシーンのひとつであるラップをかけられた心臓が、期待通りのシュールな絵面でとても満足です!心臓はカワイイなあ(・∀・)
あと、同じくらい楽しみにしていたセミ様の膝枕シーンも美しかったですね!

一瞬だけ出てきた黒髪シロウも、アニメならではの演出です。
なぜか上から飛び降りてきたダーニックおじさまも、アニメならではです。
セルジュさんのお話はとても良かったです。その話は今の私に効く(´・ω・`)

◆原作知らない人に向けた解説◆

幼女がナマの心臓を丸呑みするシーンが、こんなにも家庭的な雰囲気で描かれるのは型月ならではだと思っていますが、他にもそういう作品があったら教えてほしいです。

ジャックのマスターは魔術師ではないので、魔術でジャックを治療することができません。
だからと言って、代わりに人を殺して心臓を調達することに何の躊躇も無いのもどうかという感じですが、それは彼女がジャックを本当の我が子のように思っているからです。

セミラミスの宝具は「虚栄の空中庭園」です。この宝具を造るには、宝具自体の材料を集めて、セミラミスが72時間かけて詠唱を行う必要があります。材料はシロウががんばって集めました。

詠唱72時間って…サーヴァントならそんなにしんどくないとか、そういう問題でしょうか?
「そこまでしてもかまわない」と思えるマスターでなければ、やりたくないと思います。

シェイクスピアは戦闘しませんと言ってるし実際できないけど、他の方法で活躍します。
黒の陣営は、第4話で捕まえて自分たちのものにした赤のバーサーカーも投入予定です。
ジークやモードレッドもあの場に向かうので、次回は戦闘シーン回でしょうか。

◆おまけ◆

WEBラジオ第7回の、セーラー服VSブレザーに大爆笑しました。
私は中学も高校もブレザーだったので、セーラー服を着たことがありません。
しかも中学のブレザーは全身グレーという、微妙に斬新なデザインでした。

それはそうと、コミックマーケット92の企業ブースおつかれさまでした!(・∀・)
私は今の体力で現地に行ったら死ぬし、アニメイトに行く元気も無いけど、書籍は通販で買います!
もともとインドア派だけど、ネット通販を知ってしまうとますます外に出なくなります。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする