ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展を見てきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

東京会場 2017年4月18日(火)~7月2日(日) 東京都美術館 企画展示室
大阪会場 2017年7月18日(火)~10月15日(日) 国立国際美術館

私は2017年9月12日に行きましたが、平日の朝なのに人が多くて大変でした。

目玉作品はピーテル・ブリューゲル1世作の「バベルの塔」です。
そのほか、16世紀のキリスト教をモチーフにした彫刻や絵画と、ブリューゲルに影響を与えた画家であるヒエロニムス・ボスの作品も展示されています。

展示の一番最初の、16世紀ネーデルラントの彫刻が本当にすごくて、現代のフィギュア原型師もビックリのクオリティなのですが、作者不詳のものが多くてますます神秘的です。
絵画のほうも、私も一応油絵具というものを使ったことがあるのですが、油彩ってこんなに美しく描けるの!?と驚くばかりでした。同じ道具を使っているとは思えません。

ボスとブリューゲルの作品は、とにかく1枚の絵に込められた情報量がすごいです。
私みたいに「細かく描くのめんどくさい」とか言ってる奴はダメかもしれません。

ブリューゲルの版画作品「大きな魚は小さな魚を食う」の端のほうにいる、魚っぽいものから人間の足が生えている何かは、展覧会のグッズセット前売券A(※販売終了)のおまけグッズにもなっていました。ボスとブリューゲルの作品には、他にもたくさん得体の知れない生き物が登場します。

メインの「バベルの塔」は、まるで銀行のATMに並ぶ列のように、ロープで区切られたところを15分くらい並んで、すみやかに鑑賞しました。人が多かったので仕方ありません。

遠目には塔が大きく描かれているだけに見えますが、細部を見ると、建てかけの塔の周囲で生活している人々や、建設作業をしている人々の様子が生き生きと描写されています。
絵の中に含まれている情報量のわりに、絵のサイズが小さすぎるのがもったいないと感じてしまいました。本物のあとに展示されていた拡大複製画のほうが、細部は見やすかったです。

展示の解説には、バベルの塔の話(旧約聖書「創世記」11章)は人間の傲慢さが引き起こした悲劇かもしれませんが、ブリューゲルの絵からは協力して大きなことを成し遂げようとする人間たちの力強さが感じられると書かれていました。

どちらの側面も真実だと思いますが、とりあえずこれのせいで外国語の勉強で苦労することになったのかと考えると、個人的には複雑な気分です。

スポンサーリンク

当サイトはJSNレンタルサーバーで運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする