創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝

「創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」を見てきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

東京展 2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日) 三井記念美術館
大阪展 2017年7月29日(土)~2017年9月24日(日) あべのハルカス美術館
山口展 2017年10月20日(金)~2017年12月10日(日) 山口県立美術館

私は8月16日(水)に大阪展に行きました。

「なんか仏像とか見て癒されたい(´・ω・`)」という、20年前なら決して抱くことのなかった気持ちを抱いて、縋るような心境でガン見してきました。
同人をやめてからは心が虚しすぎてつらいので、なんとか活性化させたいのです。

それはともかく、西大寺は奈良県奈良市西大寺芝町にある真言律宗総本山の寺院です。
奈良時代に称徳天皇の発願により建立され、東大寺などとともに「南都七大寺」のひとつとして数えられる名刹で、今回の展覧会は西大寺の創設1250年を記念したものです。
西大寺とその一門の真言律宗寺院などに伝わる、国宝や重要文化財が展示されています。

「釈迦如来立像」はナマで見ると本当に心が無になりました。長時間ボーッと眺めてましたが、これはイイ!詳しいことは分からないけど、これはイイですよ(・∀・)
美術品に詳しくないけど感動した人って、だいたいこういう気分だと思います。

でも、個人的に最も印象に残ったのは「極楽坊縁起絵巻」です。大阪展では8月27日まで上巻が展示されて、8月29日からは下巻が展示されるというスケジュールになっています。
これは元興寺極楽坊とその本尊である智光曼荼羅図の由来について描いたもので、上巻と下巻があるのですが、私が見たのは上巻の一部です。

行基が朝廷に重用されることを妬んだ智光法師が、急死して地獄に堕とされ、地獄で閻魔王から責められたあと10日後に蘇生し、懺悔して行基に謝罪しに行く場面でした。
そうですね(・∀・)やはりマイナス感情を持つとロクなことがありませんね。

でも、元気で羨ましくもあります。心が元気な人ほど、怒ったり妬んだりするのも当たり前だと思いますし、だからこそこの手の物語が生まれるのでしょう。
本当につらいのは、怒りも喜びも無い状態の人です。今の私は元気な人が羨ましいです。

しかもこれ、絵がすごくキレイな状態で残ってるんですよ。
美術館で展示されてる絵図って、ボロボロでほとんど見えなくなってるものもあるけど、キレイなものはキレイなので、どうやって保存してたのか不思議に思うことがあります。

しかも当時はクリスタ素材とか無かったはずなのに、一発描きでめちゃくちゃ上手いです。
私はテキトーに絵を描いてる人ですが、こういうのを見ると心を入れ替えそうになります。

スポンサーリンク

このウェブサイトは JSNレンタルサーバー を使用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする