没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑

「没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑」を見てきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

2017年6月6日(火)~2017年7月17日(月・祝) あべのハルカス美術館

北野恒富は、大阪の画壇で明治から昭和にかけて活躍した画家で、美人画で有名です。

明治後期の大阪の画壇は、東京や京都の画壇に比べるとややマイナーとされていて、そんな中で北野恒富は「画壇の悪魔派」と揶揄されながらも、改革を起こそうとした…とのことですが「画壇の悪魔派」なんて、絵師的にはどう考えても誉め言葉としか思えません。
言ったほうは悪口のつもりだったのでしょうが、とてもカッコイイ呼称です。

北野恒富が描く女性は、パッと見て「きれい」「かわいい」と思うと同時に、何とも言えぬ妖艶さとか、内に秘めたさまざまな感情が感じ取れます。

近代の人なので「戯れ」のカメラを持った舞妓さんとか、「いとさんこいさん」の着物姿で寝そべっている女子とか、中世の絵画などとは違った現代的な雰囲気があります。
また、女性以外を描いた作品もやたら色気があって驚きました。

個人的に一番印象に残ったのは、高島屋の催事用ポスターです。
絵とは言え、デパートのポスターでおっぱい丸出しは大丈夫なのか?(もしかしたら現代だとアウトだったのでは?)と疑問に思う間もなく解説を読んでみると、白い肌&きれいな指先&やさしい目線のこのポスターは、当時は貼られた先から盗まれまくったらしいです。

客もなんだか今の時代の人と変わらない感じで、とても安心しました。

あと、絵ではないのですが関連資料の中に「引っ越した時のハガキ」があったのも印象的でした。
有名になるとそんなものまで美術館に展示されてしまうのですね。これは本人にとってはちょっと嫌なのでは?と思うものの、もうすでに亡くなっているので確認はできません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする