気まぐれFGO雑記/年末とか正月とか第2部プロローグ「序」とか

葛飾北斎さんが来てくれたので、自分でスキル素材を集めに行ってもらってます。

昨年に北斎展を見てめちゃくちゃ圧倒された&体験クエストのストーリーがめちゃくちゃ良かったので、欲しいなーと思って回したら来ました。普通の女体化なら「〇〇ちゃん」と呼ぶけど、Fate北斎は成り立ちを考えると「さん」付けが妥当と判断しました。

マイルームボイスは、やはりキャスタージルに対する専用ボイスがありました。
旦那は邪神に改宗しちゃったの?それはジャンヌ的に問題ないの?大丈夫?目潰しする?

Apocryphaアニメ第24話でジャンヌとジルが会話してるシーンは、ジャンヌがジルに目潰しするべきか否かタイミングを計っているように見えてしまって、シリアスなシーンが私の脳内ではちょっと面白くなってしまってました。だいたいアインツベルン相談室のせいです。

年末アニメ「MOONLIGHT/LOSTROOM」ですが、2016年末のアニメ「First Order」は初見の人でも一応楽しめそうな感じだったけど、こちらは完全に新規置いてけぼりでした。
これまでプレイしてきた人にとっては重要な情報がたくさんあったけど、アニメとして面白かったかどうかは疑問です。「氷室の天地」と「衛宮さんちの今日のごはん」は良かったです。

第2部プロローグ「序」は、新所長の死亡フラグが回避されてとても嬉しいです。
主人公が助けたのだからもう死なないと勝手に思っています。死んでもまた別のどこかで会えるFateの世界観で、ここまで本気で死んでほしくないと思ったキャラは初めてです。

スポンサーリンク

当ブログは JSNレンタルサーバー で運営しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする